初日吊り回避!仮指定されても生存するコツ【人狼ジャッジメント/人狼J】

2020年5月24日




 

初日に進行が仮指定する際に自分を挙げられと結構どきっとしますよね。
そのまま仮指定された相手にあまり触れることも喋ることもできずに
本指定された経験はありませんか?
自分も人狼ジャッジメントを始めたての頃は
何度も初日に仮指定されて処刑されたことがありますね^^;

そんな仮指定という危機的状況から生存して
生き残るコツについて自分なりにまとめたので
寡黙になることが多い、黒要素を挙げられない、頻繁に初日吊りされる
そんな方は良ければ参考にして頂ければと思います(*^^*)
少しでもお役に立てると嬉しいです!




仮指定されても生存するための5つのコツ

・占い師について考察
・寡黙を指摘
・こじつけて黒要素を挙げる
・吊り位置を挙げる
・進行視点で考える

昼の議論が始まったら
占い師の出方に注目して気になる点を発言。
また、グレーの発言量に注目し寡黙の場合は指摘。
仮指定が決まり、情報量が増えてきたら
それをもとにグレーの人狼だと疑わしき点を挙げ
ある程度情報がまとまってきたら吊り位置を示す。

進行に生存したいという意欲を
しっかりアピールして処刑回避しよう!

占い師について考察

初日は、話題にできる内容が限られていますので
占い師の出方、結果、発言内容について思ったことを
発言してみましょう。

まず、開始してからしばらくして
占い師が2人がCOすると思います。
その際、出方をよく観察してください。
もしもロケットCO
(始まってすぐに占い師COして、280前に占い結果を開示)
していたり、逆に280以降に占い結果を記載していたり
した場合は、すかさずその事について発言しましょう。

また、占い結果より
(占われていなく、COもしていない人物)
グレーが何人か書き込んだり、狩人貫通か回避かを提案したり
占い師に関する気がついたことを、何でもいいので発しておきましょう。

それにより、仮指定されること
そのものを回避することができます。

ただし、占い師に触れるのは
仮指定の前までにしておきましょう。
何故なら、占い師の考察をしたところで
大して人狼を見つけ出す手掛かりが
得られないからです。
あまりにも占い師ばかりに触れていると
逆に疑われてしまいかねません。

要するに、殆ど話をしていない
という状況を回避するために
とりあえず発言しておきましょう!
ということですね(*^^*)

寡黙を指摘

寡黙とは、口数が少ないという意味です。
そのような方を見つけたら迷わず指摘しましょう。
その際、占い師から占われている人物でなく
グレーの人物だと効果的です。

まずは参加者のログ(平たくいえば発言量)の伸び具合を比較しましょう。
中上級者部屋ではない限り探せば全然話していない人が見つかると思います。
「把握」「グレー5ね」「貫通希望」と一言程度しか発さない人のことです。

見つけたら
「マイクは始まってから全然喋っていない」
「エマは挨拶スタンプを押しただけで話に参加していない」
「アンナは全然ログが伸びそうにないです」
とありのままの事実を書き込んでみましょう。
それが例え相方の人狼だとしてもです!
その方が生存しやすいです。
最初は自分の生き残ることだけを考えましょう。

参加者の口数が多いか少ないかは
話題にしやすい内容です。
話す内容が思いつかなかったら
積極的に寡黙かどうかについて話してみましょう。

こじつけて黒要素を挙げる

こじつけとは、無理やり理屈をつけて
いかにも正論であるかのように主張することです。

要するに手当り次第叩いていきましょう
ということです\(^o^)/

もしも仮指定に挙げられたら
仮指定対抗の黒要素
(人狼だと疑わしく感じた点)を

仮指定されなかったとしても
油断せずに仮指定された人物
2人の黒要素を

こじつけでもいいので発言していきましょう!

例えば
「始まってから占い師の話しかしていません。他のグレーから叩かることを恐れているように見えます」
「寡黙な人物を叩いてばかりで、黒塗りして処刑に誘導しようとしている人狼のように感じます」
「各々を考察しているように見えますが、内容が伴っておらずログ稼ぐにしか見えません」
みたいな感じですね(*^^*)

あえて、今まで挙げてきた内容に対して反論をしてみました。
つまり、叩こうと思えば何でも叩けるということです。

何も話さず黙りこくっている人物よりも
率先して人狼を見つけ出そうと発言している方を
生かしたいと進行は思いますよね?

最初は一言二言程度でOKです。
「疑われるのが嫌がっているように見える」
「誰にも触れていない」
「長文で考察しているのが逆に疑わしい」
みたいな感じで
率直に思ったことを書いてけば生存率が上がります!

吊り位置を挙げる

誰を処刑したいかを名指し
その理由を書くと生かされやすいです。

吊り位置を挙げている人物の方が
他の参加者との繋がりか明確になり
すなわちライン(人狼同士の結びつき)が見え
市民か人狼か精査しやすくなります。

逆に吊り位置を挙げない人物は
人狼を探すことに消極的だと思われ
疑われやすくなります。

だから、はっきりと
「私はゲイルが吊りたいです。理由は発言が他の人物より控えめだからです」
と吊り位置を書き込んで、進行に主張しましょう。

進行視点で考える

最後に抽象的な話をします。

そもそも何故、進行は仮指定を挙げるのでしょうか。
それは情報を引き出させて吊り位置を定めるためです。
情報とは人狼を探す手掛かりのことです。

つまり、人狼を見つけ出すためのヒントをいかに進行へ与え
信用を得られるかが、生存するか否かの分かれ道になるということです。

進行に媚びようと言っているわけではありません。
(進行に対して過剰に敵意を向けてしまうと逆に処刑されてしまうことはありますが)

人狼を探す素振りを見せて身の潔白を証明しようということです。

そのために、どんどん臆さず発言していきましょう!

仮指定されても生存する最大のコツ

「発言する内容が思いつかない」
「何を言えばいいのかわからない」
「会話に入ることができない」
という悩みを抱えている方がいると思います。

何故そうなってしまうのか。
理由は2つあると考えています。

1つ目は緊張してしまう。
2つ目は語彙力に乏しい。

1つ目については何度もプレイしていれば
場の空気に慣れて発言できるようになります。
失敗して咎められてもゲームですし現実に影響が
ある訳ではないので果敢に挑戦していきましょう!

2つ目については表現する言葉が
足りていないということです。

解決するためには上手いと感じたプレイヤーの
発言内容をメモ帳に書き留めておき
意味のわからない言葉に出くわしたら調べる。

そして、覚えた言葉や叩き方を実際に使って
アウトプットしていきましょう。

そうすることにより
「この時はこの言葉を使えばいいんだ!」
と自然と対処できるようになります。

更に表現力を身に着けたい場合は
読書をしてそれに対する感想を書くことを
お勧めします。

なんて原始的な解決方法を提示して
この記事を〆たいと思います。