春日良一の過去の評判や経歴!空気を読めていないのは日本?

スポーツコンサルタントの春日良一さん。

サンデージャポンのインタビューに応じた際

「空気を読んでいないと言ったら、空気を読んでいないのは日本の方でね。つまり世界の空気が読めていない」

と語り、大勢の日本人から非難の声が挙がっています。

そんな世間を賑わせる春日良一さんの過去の評判や経歴などについて調べてみました。

 




春日良一の評判

実は4か月前にもメディアに露出されています。

その当時、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗さんが女性蔑視発言で、世界中からバッシングされて辞任されています。

そこで後任を、安倍晋三元総理の名を挙げて、今回と同じく非難されています。

 

約一年前に、2ちゃんねるの元管理人ひろゆきさんとABEMAで対談されています。

その際は、2020オリンピックが延期になった件についての話し合いが行われました。

頑なにオリンピックは中止にならないと言い切り、日本オリンピック委員会を肯定する発言。

そんなスタンスから、日本オリンピック委員会から金を積まれているともネット上では言われています。

評判が良いとは決して言えませんね。

何故、ここまで世間と乖離した発言を繰り返すのでしょうか。

 

春日良一の経歴

大学は上智大学。卒業後、日本体育協会に就職。

アジア競技大会、オリンピック日本代表選手団本部員を5大会経験。

渉外担当として、国際オリンピック委員会・国内オリンピック委員会・大会組織委員会などのスポーツ国際機関と渉外。

1989年に、日本体育協会から独立した日本オリンピック委員会へ移り、第96回国際オリンピック委員会総会の運営、第18回オリンピック冬季競技大会の招致活動に携わる。

そこで成功に大きく寄与したため、「長野五輪を招致した男」として異名をもっています。

以後、イベントを企画制作したり、オリンピックマーケティングに携わったり、会社を設立したりして、国際スポーツ交流イベントや、アスリート支援を手がけています。

引用:https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-12117.htm

 

要するに、春日良一さんは元日本オリンピック委員会参事。

直接、大会に携わったそんな立場であるがゆえに、バッハ会長や日本オリンピック委員会を擁護するのでしょう。

おそらく、当時物凄く美味しい思いをしたのかもしれませんね。

また、過去の経験を買われて今回のオリンピックにも何らかの繋がりがあるのでしょう。

大会側の人物であるため、世間からの評判が悪いのも、自然と頷けますね。

 

春日良一に対するネットの反応

 

もうそろそろ、この「春日良一」さんという人物の発言をマスコミで流すのはやめませんか。オリンピックのイメージがどんどん悪くなり、頑張っている選手がかわいそう。
安全安心をうたっていながら、現実はプレスが隔離期間中にコンビニに買い物に行ったり、来日している関係者から陽性者がでで、日本の病院へ運ばれているのに、バッハは「私には報告がない」と言い放ち、リーダーとして開催国の安全を守るための具体的な対策を打って安全安心を担保できていないから国民は怒ってるんですよ。それがわからないで、そんな発言をする春日さんの方がお門違いだと思います。
春日氏は立場上、バッハ会長を擁護したいのは理解できます。
しかし、選手や国民の健康に関わる問題について、
「空気が読めていないのは日本」というのは、無責任な発言でしょう。
オリパラ開催が原因で、感染拡大、医療崩壊が起きたら
春日氏はどのように責任を取るつもりなのでしょうか。
あなたが謝罪しても、問題は何も解決しません。
確かにバッハは日本の状況が分かっていないから、理解できていない部分があっても仕方がないと思う。
だが、緊急事態宣言が出ているこの時期に広島や長崎への出張が必要が?40人で歓迎パーティーが必要か?
自分の取引している会社は漏れなく県またぎの出張は禁止、複数名での食事会は制限されている。
それを説明して理解を求めない政府や組織委員会にも問題はある。
とにかく政府やバッハの考えと国民の気持ちに大きな乖離がある以上はシラケムードの開催は避けられないな。
この方は、JOCのOBということで、IOC、JOC、組織委員会の側で発言をするためにマスコミに出ているのでしょうが、言葉の選び方や表現力が不足しているせいで、額に反発を招いて、いわゆる「ひいきの引き倒し」状態になっている。マイナス効果ですね。
なんでもかんでも世界の空気を読む必要はないし日本が開催国である以上日本のルールに従うのが当然なんだよね。
なんでもかんでも世界の空気を読んで足並みそろえればいいというわけでもないし郷に入れば郷に従えというの日本のことわざがこういう場合適切であると考えられる。
オリンピックのような世界規模のスポーツ祭典にかかわるような人たちにとっては大事なイベントだろうが一般人にとってはその後ほうが大事なんだよな。
それにバッハ氏はオリンピックの開催に我々は犠牲を払う必要があると自らが明言しいるわけで日本に苦言を言うこと自体筋違いでしかないと言いようがない。
オリンピックの商業主義への冷めた目線や、バッハ氏の某社とのコンサル契約の批判などもあり、五輪貴族やIOCへの冷めた空気感は何年も前から世界にあった。お人好しの日本人がやっとこのような世界の空気に気づいたのが今回の五輪の成果と言える。
ここでバッハを援護する必要はない。今となって、こんなことを口にするとは、
春日良一は、判断力の乏しい、能力の程度が低い人物であることが判る。
なんとかオリンピックをやろうとしてる中で、混乱をますます拡大させるのか!
オリンピックは、今回を最後に廃止したが良い。こんな汚れた行事に参加しないこと、
即ち、ボイコットが望ましいと思います。
この人、自分が国際的で世界的視野に立ってると勘違いしてんじゃないのかなあ。百歩譲ってそういう素敵なセンスを持ってるなら、相手の言いたいことをよく聞き、理解しながら議論するセンスも持ってほしいですね。自分の土俵でしか相撲とれないなら、相手はどんな立派なことを言っても賛同はしませんよ。
「一生懸命やってる方を気持ちよく迎え入れないのか」。大事なところが抜けている。日本国民は、「人の生命よりもビジネス(金)が優先されてる」ことへの不信感が積もり現在の態度に現れている。オリンピック関係者が、生命を軽視する態度や行動を表してれば、多数の国民は気持ちよく迎え入れるとは思う。元関係者かわかんないけど。大事なところを抜かして残念がるのはお門違いである。
春日良一、アナタが発言する権限があるとされる長野五輪の成功。
大会全般としては成功と言えるのかもしれませんが、閉会後にその帳簿は明らかにされず廃棄されています。
例えばそういうところが問題なのです。
世界基準とか特別とか曖昧な文言や、そもそもIOC・JOCとは何ぞやから明確に納得できる根拠を示してから発言してください。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/39015647dd9520adede965856e7b26429bd8699e

 

ニュース

Posted by ちー