超簡単!夢を見る方法2選!

月夜1

 

 

あなたは夢を見たいですか?

 

朝起きて支度をして満員電車に乗って通勤。仕事終えた後も満員電車に乗って帰宅し夕食を食べてテレビを観て就寝。そして朝起きて支度をして。時には上司に怒鳴られたり、膨大な仕事に追われ残業してヘトヘトになるまで働いたり。そんな苦痛に満ちた毎日の繰り返しに嫌気をさして、夢の世界へ現実逃避したい。そう思ったことはありますか?私はそうでした。でも手間のかかる方法や難しい方法を用いてわざわざ夢を見たいとも思いませんよね?そんなあなたのために実体験を基づいて超簡単に夢を見る方法をご紹介していきたいと思います。

 

そもそも夢とはなに?

 

 夢(ゆめ)とは

睡眠中あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像のこと。睡眠中にもつ幻覚のこと。

夢の生成メカニズム

現代の神経生理学的研究では、「夢というのは、主としてレム睡眠の時に出現するとされる。睡眠中は感覚遮断に近い状態でありながら、大脳皮質や(記憶に関係のある)辺縁系の活動水準が覚醒時にほぼ近い水準にあるために、外的あるいは内的な刺激と関連する興奮によって脳の記憶貯蔵庫から過去の記憶映像が再生されつつ、記憶映像に合致する夢のストーリーをつくってゆく」と考えられている、と言う。

夢 ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典  より引用

 

平たくいえば夢というのはレム睡眠時に見るもの。レム睡眠とは脳以外は眠っているにも関わらず、脳は目覚めている時と同様に動き、眼球が盛んに動く状態。「急速眼球運動睡眠」とも呼ばれています。つまり身体は寝ているけど、頭は起きている時に夢は見る訳です!ですから頭だけ起きている浅い睡眠状態をいかに作り出せるかがポイントなのです。逆にいえば熟睡してしまうと夢を見ることができません!そのため身体をリラックスさせ過ぎないのがコツです。

 

ではここから夢を簡単に見るための方法をご紹介していきます!

 

ヘミシンク

ヘミシンクとは周波数の異なる音源を聴くことにより、右脳、左脳の脳波を同調させ変性意識状態を意図的に作り出すものです。難しい理屈は置いとくとして方法に関して記載していきます。YouTubeで「明晰夢」「ヘミシンク」「バイノーラルビート」と検索してみてください。一例として下記の動画をご紹介します。

 

 

重要なのは心休まりそうな曲が流れている動画じゃなくて、上記のような雑音じみた音源じゃないと効果ありません!個人的にこちらのアプリをお勧めします!

Binaural (β)

Binaural (β)

Giorgio Calderolla無料posted withアプリーチ

 

就寝する時にイヤホンかヘッドフォンをつけて聴きながら眠りについてください。ポイントは聞こえるか聞こえないくらいの音量がいいです。あまりにもうるさいと眠れませんからね!この状態下で眠りに落ちると身体は寝ているけど、頭は起きているという状況を作り出せて、結果的に夢を見ることができます!夢を見たいという意識を持って寝ると更に見られる確率が上がります!

 

夢日記

鉄板かもしれませんが、どんな方法よりも確実に安定して夢を見ることができる最強の方法です!最初は上記の二つの方法を用いてなんとか夢を見てください。その時に見た夢を物凄く断片的でもいいのでメモなどに記録をとるようにしてください。一文でもいいですし、思い出せなかったら何となく雰囲気だけでもいいです。とにかく記録してください。起きたらすぐに記録するのもコツです。そうしないとすぐに夢を見た記憶を忘れてしまいます!夢を見て起きたら欠かさずメモをとる。それを繰り返しているうちに段々、夢の内容が鮮明になり記憶にも残り、毎日見られるようになります!

 

夢は見ない方がいい?

あえて夢を否定するようなまとめ方をしてみます。「色んな人に怒鳴られたり説教されたり除け者にされたり現実なんて苦痛だから夢の世界でずっと暮らしたい!」なんて思っていた時期があって、その時は夢日記を欠かさず記録していました。願いは通じて、毎日のように鮮明な夢を見ることができたのです。しかし、現実世界の苦痛が夢にも伝わったのか得体のしれぬモノに襲われる夢、殺人鬼に追われる夢など悪夢を毎晩のように見ていた時期もありました

また、夢日記をつけている期間は眠りの質が低下してか肩こりか腰痛に悩まされたりもしました。要するに夢を見るためには浅い眠りをとらないといけません。そのため、睡眠もとい現実を犠牲にする必要があります。諸刃の剣というわけです。体調が優れなくなればますます仕事や日常生活で支障をきたし更に現実逃避したくなる悪循環に囚われてしまいました。

 

最近はよく眠れています。環境が大きく変わり不安や悩みに苦しむ必要がなくなったからです。現実が充実すると夢を見たいと思わなくもなりました。そして、夢日記を書かなくなりました。熟睡しているため夢を全く見ません。たまに夢を見ることはあれども記憶することができなくなりました。夢というのはもしかすると心の叫びなのかもしれませんね。

 

 

 

 

コメントを残す