グルメ

【カフェ】ドトールのアイスコーヒーの氷が多すぎる問題。対処策や口コミも

アイスコーヒー3

 

 

のんびり読書をするために。扇風機以外の冷房がない部屋から脱して涼むために。そして、ブログの執筆に集中するために、ドトールにノートパソコンを持参してよく訪れるのだけど、

 

明らかにアイスコーヒーの氷多すぎませんかね?

 

基本、ハニーカフェオレのMサイズを注文するのだけど、店員さんがコップ8割くらいまでガラガラと氷を入れますね…。残りの液体はちょろちょろと注ぐだけで、それで340円は高すぎませんかね…?「だったら行かなければいいじゃない」と言われたらおしまいなのですけどね。

 

ハニーカフェオレを少しだけ飲んでしばらく放置しとくとだいぶ薄まっています。最初の一口目の蜂蜜と珈琲が調和したほろ甘苦さは消えて、まったりと甘い水と化していて悲しくなります。

 

そんな泡沫の夢のような儚さを味わうなら氷無しで液体多めにして欲しい!

 

なので対処策について調べてみました。

 

そもそもどうしてドトールのアイスコーヒーの氷が多いのか理由

 

ずばり企業戦略としか言えないですね。

実際のところ、ドトール以外のカフェやファストフード店も同様に氷多く液体少な目。チェーン店は特にその傾向が強いように感じられます。

 

逆にいえば、サービス精神旺盛だったりマニュアル体質ではなかったりする

個人経営の喫茶店とかなら液体多めにしてくれるかもしれないですね。

でもそういうお店は大概、パソコンの充電プラグを挿すコンセントがないから

結局、ドトールの座席に落ち着いてしまうのですよね。

だったら、なんとかドトールのアイスコーヒーの液体を多くする方法はないのか……。

 

ドトールのアイスコーヒーの氷少な目注文にしてみるとどうなるのか

 

実際に店員さんに「氷少な目でお願いします!」と言ってみたいのですが

氷が通常の半分になっただけで液体はそのままなのです…悲しい話ですけど。

残念ながら液体の量は決まっているのでしょうか。

 

ドトールの氷に関して、Yahoo!知恵袋で調べているとこんな質問がありました。

 

アイスコーヒーの氷、多すぎませんか。ドトールでアイスコーヒー頼んだらグラスの大半が氷で、多分アイスコーヒーは50ccくらいでした。 やはり皆さんは氷溶けるまで待ち、液体を増やしてから飲むの?

 

それに対する答えがこれです。

 

ドトールのアイスドリンクは、Sサイズが150cc、Mサイズ200cc、Lサイズ250ccと決まっています。もちろん、氷を抜いた量です。氷とドリンクを入れる位置が決まっていますので、50ccと言うのはあまりにも少なすぎです。氷が多すぎて嫌なら少なくしてもらうように言ったら良いと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1464345439

 

やっぱり決まっていたのか。

すごく気になったので店員の方に直接お尋ねしてみたのですが

液体は規定量で決まっているそうです。氷有り無しどちらを選択してもほぼ量は変わらないそうです。悲しい結果に終わりましたね……。

 

しかし諦めきれず他のブログを調べてみると元ドトール店員の方の記事を見つけました。そこの記事を一部抜粋させて頂きました。

 

アイスドリンクは氷少なめ、氷なしが注文できる

 

他のブログ記事なんかを読むとアイスドリンクの氷すくなめ、氷なしの量が同じくらいに注いで貰ったと書いてあるが基本的に氷少な目はドトールマークの下、氷なしはグラス半分の量の提供なので・・・一番量を注いで貰うなら氷かなり少な目で注文する事だと思います。また、メニューには無い商品、ミルクや豆乳も注文する事が出来ます。ちなみにドトールではドリンクに関して基本的に材料を抜いて調理提供はしないようです。(カフェラテではミルク多めが注文できます)

https://zelerinks.hatenablog.com/entry/2018/05/05/230031

 

つまり、氷無しで注文すると液体を一番多く注いでもらえるという訳ですね。氷がない分、ほんの気持ちサービスしてくれるのかもしれません。ミルク多め注文できるのは知らなかったです……今度試してみます( ..)φメモメモ

 

ドトールのアイスコーヒーの氷が多すぎる問題の対処策

 

重要なことを忘れていました……。

レジカウンターにこの重大な問題を解決する糸口があったのです!

氷が解けた後の味が薄まるのを防止する秘密兵器があることを!

 

それは

 

シュガーです!

砂糖

 

よく見てみると備え付けの調味料が多数あるのですね。

 

レモン

ガムシロップ

ガムシロップライト

ミルク

シュガー

スリムタイプシュガー

オーガニックシュガー

計7種類

 

オーガニックシュガーについて気になったので詳しく調べてみると

有機栽培の黒糖のようで、まさかそんな身体に優しさそう砂糖が

無料で置かれているのは驚きですね。

 

因みにこちらがオーガニックシュガーです。

オーガニックシュガー

商品リンクはこちら

 

ドトールのアイスコーヒーの氷が多すぎることに関する口コミ

 

 

ドトールのアイスコーヒーの氷が多すぎることに対する感想

 

やっぱりドトールは居心地が良いですね。セルフサービスのお冷を飲んでいたらふと思いました。冷房が丁度良くて、流れている曲がお洒落で、内装が素敵、接客が細やかで…ドトールのコーヒーは、コーヒーだけの料金でなく、この居心地の良さを含んだ料金設定なのかもしれないですね。そう考えてみると、とても340円が安く感じてきました。氷多くても別にいいやって思います。これからもドトールに通おう…。

 

実はこの記事をドトールの座席で書いています(笑)

だから誉め言葉を羅列している訳ではありません(´・ω・`)

居心地の良さは素直な感想です。

ですので、皆さんもドトールにいきましょう!

 

 

コメントを残す